民と人間 : 33. 地下室

夕食後は来客用の寝室に入り、私のビジネス仲間に連絡を取り、一日の売上や出費などを話し合っていた。 急なGMSの復旧によって、注文が殺到していたのだという。チャットシステムが利用できなかった間も注文が来ていたらしく、利用で続きを読む “民と人間 : 33. 地下室”

民と人間 : 32. 嫌悪

調査ができず、地図に空白ができるとほどは、どれだけ治安の悪い地域なのだろう。 Dolphの安否が気になって仕方ない。だが、そんな場所には極力行きたくない。内心、どうにか無事であってくれ、と強く願った。 ふと、非常に面倒な続きを読む “民と人間 : 32. 嫌悪”

民と人間 : 31. Dolphの場所

Dolphを名乗る人物からのメッセージはにわかには信じがたいものだった。監禁されていただなんて… そもそも、このメッセージが本当にDolphから送られてきたものだったのかも怪しいところである。 そう言えば、こ続きを読む “民と人間 : 31. Dolphの場所”

民と人間 : 30. 衝撃の現在

数分経つと、鳴り止まない通知も徐々に落ち着き始めた。 どれだけのGMSサービスが復帰したのか確かめると、おおよそ一部のレンタルサーバー以外は動作しているようであった。ニューズサイトは見れなかった。地図は見れた。メールもで続きを読む “民と人間 : 30. 衝撃の現在”

民と人間 : 29. 復旧

「この問題が始まったのは、おおよそ3年ほど前らしい。Dolphとシゲトモとの依頼のやり取りメールが始まったのもちょうどその頃だった。 どうも、あいつは職場の殆どが人間族であることを気に入ってなかったらしい。表向きは人間族続きを読む “民と人間 : 29. 復旧”

民と人間 : 28. 父の語り

まるで祖父のNickのような姿の父を見て私は唖然とした。しばらく見ていない間にこうも老いてしまうのかと。 やはり母の言ったとおり元気がなく落ち込んだ感じであった。 こちらに気づくと、老けた落ち込み顔のまま、少しだけ笑みを続きを読む “民と人間 : 28. 父の語り”

民と人間 : 27. 老い

土地内に植物が多く配置され、緑豊かで特徴的なビル街を抜けて進む。 その中に、一際大きな建物があった。それほど高くはなく、横に広い。そして立派な庭を持っていた。これがGMS本社だ。幼い頃に見たときよりも遥かに立派になってい続きを読む “民と人間 : 27. 老い”

民と人間 : 26. 駐車場

母が食事を取る目の前で、母の話を聞きながらぼーっとしていた。 母もスシを食べている。最近のマイブームらしい。 ここから先は、母の車に乗って父Graywolfの家へ向かうことになる。 しばらくして、母が食事を終えて食器を返続きを読む “民と人間 : 26. 駐車場”

民と人間 : 25. フードコート

4階のショッピングフロアに到着すると、私は待ち合わせ場所となる休憩スペースを目指した。 フードコートにもなっており、食事も取ることができる。お昼ご飯もそこで取ろう。 混雑したフロアで民々を避けながら、休憩スペースへと進ん続きを読む “民と人間 : 25. フードコート”

民と人間 : 24. 都市のような駅

私はほとんど揺れない面白くない列車に乗り、MoonValleyを目指していた。 普通なら、この揺れない列車のほうがいいのだろう。しかし、私は違う。むしろそれなりに揺れたほうが楽しい。 この列車に乗るのはほとんど寝台列車の続きを読む “民と人間 : 24. 都市のような駅”

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう