民と人間 : 25. フードコート

4階のショッピングフロアに到着すると、私は待ち合わせ場所となる休憩スペースを目指した。

フードコートにもなっており、食事も取ることができる。お昼ご飯もそこで取ろう。

混雑したフロアで民々を避けながら、休憩スペースへと進んでいく。

ある程度進んでいくと、フードコートからの食べ物のいい香りが漂ってくる。
その匂いのせいで空腹感を覚え、いつしか早歩きになっていた。

案内掲示と案内図を頼りに、複雑に入り組んだフロアを抜けると、やや広めの休憩スペースに出た。

ここが待ち合わせ場所だ。
私はここで母が到着するまでの間、食事をとりながら待つことにした。

休憩スペースの周囲を店が囲む。
私はその中でも、違う星の料理を扱う店に立ち寄った。

その星は、「Earth」と呼ばれているらしい。私はこの星のピザとかパスタとかハンバーガーといった料理が好きなのだ。
不思議とこの星の料理は美味しい。そしてこちらの口にもよく合う。
このような料理は流入したのは数十年前だと言うのに、今や共和国全土で愛されている。

スシは並んでいなかった。入ってきたのも最近だと言うし、また、私が食べた限りでは味も独特だったから、並んでいないのだろう。

とりあえずハンバーガーのセットを注文し、料理を受け取ると、空いている適当な席に座り母を待った。
高速道路に乗っているとすれば、あとおおよそ30分程度で到着するだろう。

私はハンバーガーを食べ終わると、ふとスシが食べたくなった。あの独特な風味をもう一度味わいたい。ショウユとか言ううす茶色いソースの味をもう一度味わいたい。

ヤマト地方では一般に広まって食べられていると聞いた。もしかすればヤマト地方の料理を扱う店に置いてあるかもしれない。
と、思い、ヤマト地方料理を扱う店に立ち寄ってみると、案の定販売されていた。

とりあえず数個注文した。それを自分の席に持ち込んで食べる。

ショウユとか言うソースを軽くつけて、口に運ぶ。
あのときの独特の風味がまた口いっぱいに広がった。

全て食べ終わり、食器を返却ボックスに戻すと、ちょうど母からチャットでメッセージが送られてきた。休憩スペースに到着したとのこと。

詳細な位置をチャットでやり取りしながら、お互い同じテーブルに座った。

母は一緒に食事を取るつもりで居たようだが、私はもうすでに食べてしまっていた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。