民と人間 : 22. 出発

またここで、GMS停止の影響を実感してしまう。

流石に父の居る家から自宅までの道順が載った地図などない。

しばらく悩んだ末に、私は車で向かうのを諦め、電車で向かうことにした。
電車であれば、路線図さえわかれば、さほど複雑な道順を覚えておく必要はない。

とりあえず、父の居る家に最も近い駅で待ち合わせることにし、その日は夜遅いため寝ることとした。

寝る間際、私はビジネス仲間たちに、明日まる一日家を空けることを告知したあと、ベッドに入り眠った。

次の日、起きてすぐに会いに行く準備をする。
お土産などを持っていこうと思ったが、人間族の街や、私が住む人間族の街に隣接した街には、これと言って名産品というものはない。

しばらくお土産について母と話し合った結果、とりあえず近所で評判の菓子店のタルトを持っていくことに決めた。

自宅から最寄り駅までは数十分の距離であり、途中で菓子店に寄ったあと、そこで母と別れた。ここから母は車、私は電車で向かうことになる。

やや小さめの駅へと入った。
私の街は、人口も人間族の街に比べればそう多くはなく、また多くが車持ちであったため、常にこの駅は空いていた。

ホームへの出入りは携帯電話の決済サービスを用いる。いくつかの決済サービスに対応しており、GMSが停止していても別なサービスを使うことで入ることができた。

壁に掛けられたホルダーから路線図パンフレットを一冊取り、行き先への道順を見る。

IT企業が集中する都市、MoonValleyへ。
Grand Sun地方にあるのに、Moonと付くのである。
この都市には異様なほどにIT企業が集中していた。

おおよそ3時間程度で到着しそうであった。
高速道路で行けば約4時間程度。母と合流するまで1時間程度の暇ができる。

ホーム内のベンチでしばらくぼーっとしていると、2両編成の列車が来た。時刻表から間違いがないことを確認するとその中に乗り込んだ。

ここから途中で何駅かで乗り換えればMoonValleyに着く。

私は車内で揺られながら、父と話すことについて、思いつく限りメモに書き出し始めた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。